So-net無料ブログ作成

2011-10-28


算数のじゅうようせい中学じゅけんでは、算数を克服することが重要だと言われています。

特に繰りあがり繰りさがりの計算は、算数の第一関門です。

誰かにおしえてもらってせいかいしてもおもしろくないですよね。

そのわけは、算数に不得意いしきを持っているお子さんがおおいからです。

できた喜びとともに、自身ももてます。

中学じゅけんでは、小学校で学習した内容が網羅されているだけではなく、さらに高度な問題がだされることがあるからです。

単純な計算でも、じぶんでみちびきだしたせいかいならおもしろいと感じます。

ここで多くの子が、算数がむずかしいものと感じてしまうのです。

本格的なじゅけん準備は5年生になる頃だと言われています。

算数を克服する方法としては、とける楽しさを知るのがいちばんです。

ですが、不得意いしきを持ったまま中学じゅけんに向かっていくのでは困ります。

ましてや、そのやり方ではいつまでたってもじぶんの力になりません。

こうやって解くことの楽しさがわかれば、むずかしい問題にチャれんじしたいという向上心もうまれるのです。

中学じゅけんにむけて努力をしているお子さんのなかには、算数が得意だという子もいるでしょう。

しかし、小学校になって本格的にはじまる算数は、問題を理解するだけでも大変です。

ましてや、今までの生活で必要のなかった計算を理解しなければならないのですから、むずかしいと感じてしまうのは無理もありません。

こうりつ的な学力あっぷを目さすなら、ていがくねんのうちに算数の不得意いしきをなくしておくことがたいせつなのです。

その準備だんかいとして、ていがくねんのうちに算数の楽しさをつたえていってあげましょう
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。